Blog

ブログ

Shopify紹介 Shopify Plus

Shopify PlusとShopify通常プランとの違い

Shopify通常プランの月額利用料は最上位のAdvanced Shopifyで$299ですが、
Shopify Plusになると$2,000〜となります。
かなり高額になりますが、サーバーがほぼ無限のトラフィックに耐えられることや
APIコールの限度が緩和、更には専任のSuccess Managerがついてサポートを受けられます。
機能も追加されるのでそちらの紹介をさせていただきます。

チェックアウトページのカスタマイズ

カスタマイゼーション機能のアンロックを申請することで、
チェックアウトページをカスタマイズすることが可能です。
これにより配送先住所の国によって表示や何かの処理を変更することや
デフォルトで対応していない決済方式のインテグレーションも可能になります。

10ストア作成可能

親サイトが国内向けストアとして、海外向けストアやBtoB向けストア
全く違うストアなど追加料金なしで運用が可能になります。
Merchant Success Managerに依頼することで、
既存のストアにあるデータをまとめて新しいストアに移行することも可能で、
ストアの再現にも容易に出来ます。

業務自動化

業務自動化ツールFlowが使用でき、
受注時、お客様の新規登録時などのトリガーによって、タグをつける、
Slackに通知するなど、連動する業務を自動化できます。
業務の予約による自動化アプリLaunchpadにより
開始日時と終了日時を設定し指定の期間セールを実施したり、
その対象を特定コレクションに限定したり、商品の公開を時限設定したりすることが可能です。

データ移行

Transporterが利用できるようになり、使用することでそのプロセスを早く、
また進行状況がGUIで見れて、エラーなども特定できる形で実施可能になりました。

他にもShopify Scriptsが使用できるようになり、
条件付ディスカウントやプロモーションが実装可能になります。

現在Shopifyでは14日間無料をやっていますので
もし気になりましたらお試しください →こちらから

Shopifyの構築とカスタマイズ、アプリ開発やっていますのでもしよろしければご相談ください。

Shopify 紹介 越境ECといえばShopify

越境ECとは

越境ECとは、海外向けのEコマースのことです。
インターネット上のオンラインショップを海外向けに展開することです。

越境ECをするにあたって、言語、通貨、決済、発送などの問題がありますが
これらの課題を解決出来るのがShopifyです。

越境ECに最適な理由

Shopifyには拡張機能のアプリが2,000以上もあり、言語や通貨、配送の問題も
アプリで簡単に対応することが出来ます。

オンライン決済サービスで、海外では人気が高いPayPalとの連携も簡単です。
多言語化のアプリやユーザーの所在地に合わせて自動で通貨を変換するアプリ
送り状、インボイス、納品書を簡単に発行でき、海外配送では料金比較も可能なアプリなど
越境ECをやってみたいという方には必要なものがほぼそろっているサービスです。

オンラインサイトなら、低コストで世界に向けて店舗を発信することが可能であり
2020年東京オリンピックが開催され、日本で気に入ったものを自国に帰ってから買いたい人が見込まれます。
海外から日本への注目が集まりはじめている今始めれば、かなりのアドバンテージが取れるのではないでしょうか。

現在Shopifyでは14日間無料をやっていますので
もし気になりましたらお試しください →こちらから

Shopifyの構築とカスタマイズ、アプリ開発やっていますのでもしよろしければご相談ください。

Shopify紹介 メディア連携

今回はShopifyのメディア連携についてご紹介します。

Shopifyでは主要なSNSはもちろん、自分で作ったサイトでも簡単に連携が可能です。

いつでも情報を発信し、どんな場所でもあなたのお店にすることができます。

ここでは代表的な3つをご紹介させていただきます。

1.購入ボタン

Shopifyなら購入ボタンという機能が標準で備わっています。
既存のメディアやコーポレートサイトなどから、ユーザーに直接商品を購入してもらうことができます。
新規に作成する手間などがないので非常に便利です。

2.FacebookやInstagramなどのSNS連携

ShopifyならFacebookやInstagramの連携が容易に可能です。
ユーザーがSNS上で直接商品を購入することができるようになり、集客アップが見込めます。

3.ブログ機能

ShopifyにはWordPressのようなブログ機能が標準で備わっています。
ECサイト自体をメディア化することにより、ECサイトから直接お店の最新情報など発信できれば
SEO対策にもなり効率的です。

以上、簡単ですがメディア連携の紹介になります。

現在Shopifyでは14日間無料をやっていますので
もし気になりましたらお試しください →こちらから

Shopifyの構築とカスタマイズ、アプリ開発やっていますのでもしよろしければご相談ください。

Shopify紹介 デザイン

今回はShopifyのデザイン面、テーマについてご紹介します。

Shopifyでは現在無料のテーマが10種類ほどあります。

無料ですが他のプラットフォームでは苦労する、デザイン性を兼ね備えたストアを作成出来ます。

テーマストアにアクセスすると、実際のテーマを使ったデモを確認することもできます。

テーマストア内の無料のテーマはこちらからご覧ください。

テーマを追加するのも簡単で、管理画面から移動することなく選択できます。

1.管理画面のテーマを選択し、無料テーマを探すをクリック
2.以下の画面からテーマを選択して、詳細画面から追加。
3.管理画面でテーマを公開に変更。
この3手順だけで簡単に出来ます。
Shopify、管理画面

自動で公開はされないのでご注意ください。

以上、簡単ですがテーマの紹介になります。

現在Shopifyでは14日間無料をやっていますので
もし気になりましたらお試しください →こちらから

Shopifyの構築とカスタマイズ、アプリ開発やっていますのでもしよろしければご相談ください。

Shopify紹介 支払い、決済について

前回のブログに引き続きShopifyの紹介の記事になります。

今回は支払いや決済の紹介になります。

Shopifyでネットショップを作成すれば、クレジットカードなどの決済手段も簡単に導入できます。

他にもあるのですが日本で使える決済サービスをまとめてみました。

・Shopify ペイメント
対応ブランド: Visa、Mastercard、American Express
対応通貨: 日本円
決済手数料:  
国内発行のカード 3.25%〜3.4%
海外発行のカード / American Express 3.8%〜3.9%
振込手数料: 0%

・Apple Pay
対応ブランド:Mastercard、American Express
対応通貨: 日本円(Shopify ペイメント以外では他通貨対応可能)
決済手数料、振込手数料: Shopify ペイメントと同じ

・Google Pay
対応ブランド: Visa、Mastercard、American Express
対応通貨: 日本円
決済手数料、振込手数料: Shopify ペイメントと同じ

・Shopify Pay
対応ブランド: Visa、Mastercard、American Express
対応通貨: 日本円
決済手数料、振込手数料: Shopify ペイメントと同じ

・PayPal
対応ブランド:  Visa、MasterCard、American Express、JCB、銀聯など
対応通貨: 22通貨(日本のアカウントで受け取れる通貨)
決済手数料: 3.6% + 40円(国内の標準レート:月額取引量で変動)
振込手数料: 0円(出金額5万円未満は250円/件)

・Amazon Pay
対応ブランド:  Visa、MasterCard、American Express、JCB
対応通貨: 日本円
決済手数料: 4%(デジタルコンテンツ以外)、4.5%(デジタルコンテンツ)
振込手数料: 無料

・KOMOJU
対応ブランド:  JCB、Visa、MasterCard、Diners、American Express
対応通貨: 日本円
決済手数料: 3.6%(Visa、MasterCard)、3.85%(JCB、Diners、American Express)
振込手数料: 216円(入金金額が3万円未満のときの日本国内への振込手数料。海外送金は2,500円。

・携帯キャリア決済
対応ブランド:  NTT DOCOMO、au、Softbank
決済手数料: 6.4%、15% (デジタルコンテンツ)

各種決済に強みがありますがShopify ペイメントはプランによって異なる0.5%〜2.0%の取引手数料が0%になったりします。
KOMOJUはコンビニ支払い、Pay-easyなどデジタルマネー決済に対応しています。
コンバージョン率改善に繋がりそうですね!

現在Shopifyでは14日間無料をやっていますので
もし気になりましたらお試しください →こちらから

Shopifyの構築とカスタマイズ、アプリ開発やっていますのでもしよろしければご相談ください。

Shopifyはじめました!

遂に! ジョーレンで! Shopifyのサイト構築とカスタマイズ、アプリ開発がはじまりました!

・Shopifyとは

ネットショップの開設や運営のためのプラットフォーム
175カ国、82万以上の店舗で採用され、累計の流通額は1,000億ドル以上

世界で一番支持されているECプラットフォームだと思います。
海外に販売することを視野に入れているショップにはピッタリです!

日本国内でも導入事例が増えていて、日本ではファッション系が多いそうです。
テーマがおしゃれなものが多い、InstagramなどSNS連携が簡単なのも選ばれる一因かもしれませんね。

料金はこちらになります。
shopify料金

Shopifyを選択にあたりメリット・デメリットありますが、他の会社様が紹介してるのと
記事が死ぬほど長くなりそうなので
ジョーレンからとてもオススメしたいポイントをまとめると

月額29ドルからのプランで
1.1分間1万件の購入に耐えうるサーバー構成
2.商品の登録無制限

上記2点は他のサービスと比べてかなりお得だと思います。
特に1と同程度のサーバー構成と運用をしようと思うとまず月29ドルではまかなえません。
マーケティングやSEOもデフォルトでバッチリです!

現在Shopifyでは14日間無料をやっていますので
もし気になりましたらお試しください →こちらから

Shopifyの構築とカスタマイズ、アプリ開発やっていますのでもしよろしければご相談ください。