interview

大事な人たちを
大事にしたい

本田 真有
経理・総務 / 2020年 中途入社

経歴を教えてください

大学卒業後から一貫して経理と総務でキャリアを重ねている。
新卒で上場メーカーに入社し、2年間工場の原価計算と総務業務に従事。 その後は中小企業に転職し、本社の経理と総務の仕事を3年間経験する。 現在は経理と総務を中心に担当しつつ管理部門で必要な実務を引き受け、担当業務は多岐にわたる。
プライベートでは、夫の転勤について行った先の京都で2018年に男児を出産。家族も会社も両方守るスーパーママ。

転職を決めたきっかけは

家族も大事にしたいし、仕事もしたいので両立できる会社を探していました。 両方満たすためには、通勤時間をできるだけ短縮する必要があったので、自宅からの近さで選んだことがジョーレンとの出会いですね。
家族との時間を確保したかったんです。毎日子供に晩ご飯を作れる時間に帰りたいなって。転職を決めるにあたって、私にとって一番大切なことでした。
いざ面接に行ってみると社長と副社長が本当に気さくで、従業員の幸せも考えていて、この会社で働きたいって思いました。 私は時短勤務を希望していたので、最初から正社員として働くのは難しいかなと思っていたのですが、 希望を伝えたところ、入社当初から正社員登用していただくことになり本当に感謝しています。

interview

主な担当業務について

副社長が担当していた管理系業務を引き継いだこともあって、担当業務は割と広めですね。
メインは経理業務全般です。 請求書の発行、入金管理、決算書の作成まで全て行っています。
次に多い業務は総務の仕事ですね。 お客様対応、契約書の保管、空調管理、工事関連の日程調整、ゴミ処理、などなど。 その他、株主総会の準備や、資料作成のサポートも行うこともあります。
こうみると、、まさになんでもござれって感じですね(笑)
今後は上場に向けた動きも出てくると思うので、財務会計や管理会計の整備もしたくって。やりたいことたくさんあります(笑)

interview

社員の皆さんが働きやすいよう気を配っています!

この一年で自動販売機、オフィスコンビニ、ウォーターサーバーを導入しました!
ここ最近だと、「無料で飲めるジョーレン健康カフェ(社内通称:無料ドリンコ)」を追加で導入して、意外にも無調整豆乳が人気です! 好みはそれぞれだと思いますし、機会を見つけては「社員の声」を集めるようにしています。
これに限らず、気持ちよく働ける場所を一緒に創っていきたいですね。 これから新たな仲間もどんどん増えていくと思いますし、さらに福利厚生の充実に力を入れていけたらなと思います!

ジョーレンの働き方について

コアタイムが無いフレックス制度は本当にありがたいですね。 出社時間も決まってないので、朝バタバタしなくて済むんですよね。
子供は歩くのも遅いですし、駄々をこねることもあるじゃないですか。 急かしたり、嫌がる子供を無理やり羽交い締めにして連れていくのも心が痛みますし。 絶対に9時に出社しないといけないっていうプレッシャーから開放されました(笑)
子供が小さいと病院に連れて行ったり、少し早めに迎えに行ったり、急な用事もいっぱいあります。 わざわざ休みをとらずに自分の仕事を調整しながら働ける環境は今の私にすごくあっていますね。

joolen社員の印象

みなさん立場に関係なく、フラットなコミュニケーションを取っている印象です。 意見を言いやすいですし、きちんと受け止めてくれます。 それはきっと互いに認め合っているからだと思います。
よくお昼に行ったりされているので、一人ひとりの距離が近いことも影響してそうですね。 また、リモートでもslackで頻繁に会話されている姿を見かけるので、互いを知る機会が多いでしょうし。
他にも、エンジニアの方が中心の会社だからでしょうか、論理的な考え方をされている方が多いイメージです。
家族を大切にしている方も多いなと感じます。 こういうのって、会社の文化になっていくんだなって思うんです。みんなで一緒にもっともっと素敵な文化を創っていきたいですね。

interview interview

これから応募する方へメッセージ

入社してからあっという間でした。 まだ1年しか経っていないのにすごく濃い時間を過ごせていたんだなって思います。
私はこの会社が好きです。雰囲気良いし、とても働きやすいですし、みなさん本当に良い方たちばかりで。
だからこの会社を大事に思ってくれる人が来てくれたらすごく嬉しいなって思います。
ご自身に合っているという方には是非参画して欲しいです。応募お待ちしております!

matudo-episode

松戸エピソード

松戸エピソード

幼少期は新宿区に住んでいました。 小学校二年生の時に松戸に引っ越してきたんですけど、当初は戸惑いました。 目に入ってくる光景があまりにも違い過ぎたので衝撃を受けたことを覚えています。
でも、程よい田舎感があって、緑があるこの街が今では大好きになってしまいました。 森があって、山もあって、時間の流れが緩やかで、周りの人が優しくて、居心地がいいんです(笑)
特に森のホール21(松戸市文化会館)には思い出がたくさんあります。 吹奏楽をやっていたんですけど、よくこのホールで演奏していました。 小学生から続けていたこともあって、私にとってとても大事な場所ですね。